電子タバコの基礎情報について

電子タバコとは、乾燥葉や、液体を電熱線の発熱によりエアロゾル(霧状)化する装置です。最初に電子タバコを作ったのは、アメリカ合衆国のハーバート・A.ギルバートです。1965年に特許が付与されました。このデバイスは、電気的に加熱する事によって、ニコチンなしで風味をつけた湿った蒸気を生成しました。ほんブログでは、電子タバコの吸い方、電子タバコの年限、電子タバコの害などの情報についてご紹介します。

電子タバコ

電子タバコ

電子タバコの吸い方
電子タバコはコイルを熱してリキッドを気化させて水蒸気にすることで煙を発生させています。そのため、電子タバコの吸い方は一回一回電源ボタンを押してコイルを熱する必要があります。ボタンを押して吸いはじめ、1~2秒前後でボタンを離します。

そして、電子タバコの吸い方には、吸うときにジュルジュルと音がしはじめたら一度アトマイザーを外して清掃することをオススメします。ジュズリを防ぐにはボタンを離してからも少しだけ吸い続けることで随分と変わります。アトマイザーに残った煙を全部吸いだすことが大事です。

電子タバコの年限
通常のタバコは20歳以上からの喫煙が許されますが、電子タバコには未だ正式な年齢制限の法律が定まっていません。電子タバコVAPEを雑貨として取り扱っているところでは、現在のN日本の法令上では利用が可能となっています。しかし、通販サイトを見てみると後々のトラブルを防ぐためか20歳以下のお客さんの購入を禁止しているサイトが多いようです。

電子タバコの害
電子タバコはパッケージや宣伝などで、健康に害がなく安心して禁煙が出来るサポートグッズとして販売されていますが、実際には害がない根拠は不明確で安全だと証明されているわけではありません。

新しいカルチャーとして、注目を集めている電子タバコですが、実際に使用するとなると、身体への影響が気になるかと思います。結論から言うと、害のないモノを選べば、全く問題ありません。たしかに、日本の通販などで発売されている電子タバコの中には、無害と謳いつつも、身体への害のある粗悪品も一部出回っています。

米国では過去1年、やけどや呼吸器疾患や心血管障害など、電子タバコに関連する健康被害件数が急増しています。それによると、今年3月までの過去1年間に米食品医薬品局(FDA)に寄せられた電子タバコに関するクレームは50件以上になりました。この数字は、それ以前の5年分の合計に匹敵します。FDAには、頭痛、咳、めまい、喉の痛み、鼻血、胸痛、アレルギー反応などの症状が報告されています。

チャンピックス・スターターパック

 

 

チャンピックス・スターターパックとは、ファイザーによって開発された世界で初めての禁煙補助薬品です。多くの体験者によって、3ヶ月の服用で68%以上の禁煙率を得ることが出来ると報告されています。

 

 

おすすめ情報:バイアグラ・レビトラ・シアリス|ED治療薬Wiki