ホーム » 電子タバコに関する利点と欠点

電子タバコに関する利点と欠点

タバコの葉(やその成分)を充電式の道具に装着して加熱し吸うものと、道具の中に入っている液体を電気で加熱し気体にしたものを吸うものがあります。普通のタバコは火をつけてタバコという植物の葉を燃やした煙を吸うが、電子タバコでは火は使わず電気で熱するという違いがあるます。

電子タバコには様々な利点があるとされており、今回はこのメリットについて紹介をします。

まずは煙が多く、ニコチンが入っていなかったとしても吸っている感覚になることです。この製品のタイプのものは基本的には水蒸気のものが多いので、昔は煙というものはほとんど出ていませんでしたが、今ではかなりの量の煙を出すことができています。そのため、この製品のファンも増えたとされています。次のメリットはリキッドの種類が数えきれないくらいあるということです。

リキッドと言えば製品に入れる液のことで、これを入れることによって味を楽しむことができたり、タバコを吸っている感じになるような味を演出することができたりします。今ではこういったリキッドの数がかなり多いとされており、人気になったにはリキッドの種類にも原因がありそうです。また、ニコチンが入っていないことから、非喫煙者でも味を楽しむことができます。また、タバコのように苦いといったことがないので、タバコを吸ったことがないといった方でも気軽に吸うことができます。この製品は基本的には味を楽しむということとなり、イライラを解消出来るものではないです。味を楽しみたいといった人にオススメです。次のメリットは本物のタバコのように、煙が臭いことや灰で服などが汚れる心配がないということです。本物のタバコは全身が臭くなり、服や髪の毛も全て臭くなります。

電子タバコの出現で心配している欠点はこの2つです。

1.若者の喫煙への入り口にならないか。

電子タバコは、いま一生懸命ファッショナブルでなんとなく安全そうなイメージを販売各社が作ろうとしています。「電子タバコはクール」というイメージが出来、そこから普通のタバコの喫煙者が増えることを強く懸念する。大手のタバコ会社は、電子タバコ会社を次々に買収している事実があることを付け加えておいます。

2.違法薬物へのアクセス経路にならないか 。

煙を喫して吸入するという行為はタバコのみならず、他の違法薬物にも共通する摂取経路です。習慣として吸入が広まり、そこから「カートリッジ」の交換のみで簡単に違法薬物を摂取できるようになってしまわないかと懸念します。